カナダになぜ行くか

등록일 : 2023-10-23 / 조회 : 599

 

皆さんこんにちは,

移民門社 Murphy Contents です。

 

20161122152302_lhocnrva.jpg

 

??へ不安を抱き、海外移住を?る日本人が?えているというマスコミ報道が?く中

フランスの有力な日刊紙「Le Monde」がこれに?する記事を?載した。

 

記事によると、日本の海外求職情報?社の海外就?デスクへ海外へ求職する日本人の問い合わせが前年?比1.5倍に?え

その年?層が?存40代未?の名門大卒が多かった半面最近は5060代まで?大されていると?えた。

 

その背景としてバブル??以後正社員より契約職の雇用が?え、停?する賃金、円安の進行など主に「??的な理由」が?げられる。

 

今年春?で日本の大手企業が約3%の賃上げを約束した。これは過去20年間無かった上昇率ですが、物?上昇率を上回る程度ではない。

 

カナダは移住先として多くの人が希望する?の一つである。

 

?際日本の高校生に「移住したい?」をアンケ?トしたところ、1位が米?、2位がカナダ?げられている。

このように人?のあるカナダへ移住を準備するには最初から移住の目的を明確にしておく必要がある。

 

短期で英語?力を伸ばしというのが目的なら?費が比較的に安く日本人の少ない中小都市、

または文化??やあアクティビティが多い大都市のいずれかで選?する必要がある。

小都市で短期で勉?するのも良いけれど文化??の機?が少ない場合語?の?力向上に?がらない可能性もある。

 

20代で英語の勉?と海外就?を合法的に全部??したい場合はWorking Holiday Visaワ?キングホリデ?ビザを申請することもよ良い。

 

今までは最低賃金が高いオ?ストラリアへワ?キングホリデ?ビザを申請する場合が多かった。

最近はカナダの人力不足が深刻になり、カナダ政府は??な外?人の受け入れ政策を行っていて カナダへのワ?キングホリデ?の人?も上昇している。オ-ストラリアより外?人へ人種差別がなく、友好的な?民性そしてアメリカへの旅行しやすいという点も長所で言われている。

 

カナダのカレッジ留?後就職して永住?を取得するということを目標にしていれば下記を詳しく確認してみましょう。

 

まず、自分が?びたかった?門課程を本格的に始めるというのが目的なら各カレッジの カリキュラムを綿密に確認してから?校とプログラムを選?することが大事である

カナダはカレッジが所在している地域の産業と??力を考慮しカリキュラムを構成して?門課程を開設するが、?止される場合もある。

 

韓?や日本は2年制短大か4年制大?に編成されているが、カナダは1年か1年未?の短期修了?がもらえる課程や2年~3年制の ディプロマ課程、4年の?士?位、1年~2年制の準修士課程等のように多?な?育課程が設けられているので自分がカナダ留?を通じて達成したい目的をはっきりし、目的に最適合する?校と?門課程を選ぶことが大事です。

 

 

Canada.jpg

 

 

留?の目的が新たな世界で多?な??を重ねたいということならCo-opプログラムが整えた?門?科に?心を持っても良い。

カナダの公立カレッジの留?生は?期中にはパ?トタイムで、夏や冬休みの間はフ?ルタイムで仕事ができる就?ビザがもらえる

そのバイト先が大抵食堂、カフェ、ファストフ?ド店のホ?ルサ?バ?、?房補助などが多いが、

留?中に自分の?門と?連した仕事を??できるというのが Co-opプログラムの長所である。

 

永住?取得のために留?するなら最低2年以上のカレッジプログラムを選?することが望ましい。

カナダ移民局ではカレッジを卒業した留?生に留?期間に相?する期間の就?ビザPGWP)を?給している

2年制以上のカレッジを卒業すると3年間?ける就?ビザ(PGWP)をもらえる?はカナダだけである。

例えば2年課程のカレッジを留?したら3年間?いて稼げるので2年課程のカレッジがある意味お得だと言えるかもしれない。

 

カナダの永住?プログラムには連邦政府で運?するプログラム(FSW)と

各州政府で運?する州政府指名プルグラム(各州ノミネ?ションプログラム)がある

これらは大抵カナダでカレッジ以上の課程を留?して就職した場合又は合法的な就?ビザをもって一定期間以上カナダで?いた??がある場合、そしてカナダ 雇用主からジョブオファ?を取得した場合申請できる。結局カレッジ以上の?校を卒業してから永住?の申請がようやく可能になるというわけである。

 

カナダの?多い2年課程のカレッジの中でも取捨選?しなければならない。まずカレッジが位置している地域やその地域の主な産業を調べる上、各カレッジの卒業生の就職率や自分の希望している?門分野の卒業生の就職率を確認した方が良い。さらに?門課程によってCo-op プログラムやPracticum?習), Field Placement(現場?習), Internship(インタ?ンシップ)が就職に有利になる分野があるのでその課程がカリキュラムに含まれているかも知っておいた方が良い。

 

 

今までカナダへ移住するのに目的は不明確なまま“一旦行ってみよう”と始めたケ?スも少なくなかった。最初はアクティビティ中心の語??校に行ってから、いざカナダに住んでみたら住みよくでカナダで仕事もして永住?も取りたいということになったらまた留?から始めなければいけない。時間と予算が無?にならないように計?段階から目標をはっきり立てた上で予算と日程を組まなければいけない。

 

 

Murphy は多くの事例に基づいて多くの方?を助けました。 

ご質問やご相談をご希望の方は、いつでもMurphyにご連絡ください。

 

 

 

20231023101746_ufcrrxbe.jpg

 

2023_English.jpg